日本は長い間行ってきた詰め込み型教育を否定して、ゆとり教育という教育方法を学校で行うようになり、学習指導要領も大きな変化がありました。学力至上主義ではなく、一人ひとりの個性や豊かな感性を育む事を目的としたカリキュラムが組まれ、受験戦争などの苛烈な競争に関しても推奨しないようなスタンスになりました。
しかし、現在でも就職の際には学歴を重視するという企業は数多く存在します。無責任なゆとり教育の末、学力をつけることができずに就職ができないといった方も存在します。特に現在は不景気からくる就職氷河期と言われています。
就職浪人のリスクを回避するためにはやはり学力を向上させ、一流と呼ばれるような大学に通う必要があります。

このような事が理由で現在は、ゆとり教育に関しての反対意見も多く出ています。その為、ゆとり教育から以前のような勉強方法に戻すという脱・ゆとりが叫ばれています。
学習指導要領も再び多くのことを学ばせるという方向に向かいつつあります。
就職難の時代も相まって、以前より更に苛烈な受験戦争が始まることが予想されます。
受験戦争は、他の受験者との競争になります。少しでも他の受験者よりも長く、質の高い勉強時間を確保することが受験戦争を勝ち抜く為に必要なことです。
学校の授業を受けて、自習を行うというような流れが基本的な勉強の流れです。しかし、そのような一般的な勉強方法は多くの学生が行っていることです。
その為、競争相手である自分以外の受験生と学力の差をつけにくいということが考えられます。
進学に対する意識の高い学生は、他の受験生と差をつけるために学習塾に通うようになります。学校よりもより深く学ぶ事が出来、基礎だけでなく応用法に関してもバリエーション豊かに学ぶことが出来ます。更に受験のテクニックを学ぶことも出来るのです。
学校の授業と家庭学習だけでは限界を感じている人には学習塾がおすすめです。

学習塾のなかでも、個別指導というスタイルをとっている塾は学力向上に心強い味方になってくれます。ここでは、学習塾の個別指導に関して紹介していきます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年8月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031